MENU

チャットレディの税金の海外在住、海外の業者の場合について解説!

海外に住んでいる日本人は多くなってきていますよね。

日本でチャットレディをしてきた方は、海外でも出来るお仕事なので続ける方がほとんどなのではないでしょうか。

在宅でどこでも働けるチャットレディは、海外在住になっても続けられるためとてもありがたいですよね。

ただ海外でとなると気になってくるのが税金問題。

今回は海外在住、また海外のサイトを使う場合の税金について徹底解説していきます。

目次

海外のサイトを利用している場合

日本でチャットレディをしている方でも海外のサイトを利用している方もいるでしょう。

海外のサイトだと海外からの入金になるから確定申告はしなくてもいいんじゃないの?

そう考えてる人って多いんだけど実際は課税対象になるんだよ。

じゃあ確定申告していないと脱税しちゃうことになるんだ。

海外のサイトや代理店を利用している場合でも、日本国内で働いた所得は国内源泉所得となります。

国内源泉所得は例え、海外から入金されているという場合でも、仕事を日本でしていれば課税対象です。

もし税務調査で国内源泉所得の申告をしていないことが分かると、無申告加算税を支払わなくてはいけません。

海外サイトで稼いでいた大学生の子が確定申告してなくて、税務調査で
指摘されてしまったという事もあるよ。

結局高収入で稼いだお金は、無申告加算税と延滞税を支払うことに
なってなくなっちゃったみたい。

海外サイトで高収入稼げても、税金を支払わず結局全部
なくなっちゃったら、何のために頑張ったのかわかんないね。

海外経由だから税金は支払う必要はないっていう考えは
間違いなんだね!

もし海外からの入金が税務署にバレないなら他の色々な業種で脱税
出来ちゃうことになるしね。

税務署もしっかり調べてるんだよ。

海外サイトを利用して収入を得ていても、確定申告が不要だったりバレないという事はないです。

しっかり支払うべき税金は納めましょう!

海外在住のチャットレディの場合

最近は海外に住む方が多くなってきています。

実際にチャットレディをしている方も、住んでいるところは海外という方もいます。

また、今日本でチャットレディをしていて今後、海外に在住する予定がある方もいるでしょう。

チャットレディは海外在住でも続けたいお仕事ですよね。

でもその場合って税金はどうすればいいの?

海外在住者の税金について

まず納税は原則的に居住国でという事になります。

そして海外在住となると、海外に住所があり非居住者になるので国内源泉所得にのみ課税されます。

もし非居住者で収入が国内源泉所得に当たらない場合、日本に所得税を納める必要はありません。

そして確定申告もする必要はありません。

つまり、海外在住の場合の納税は国内源泉所得かどうかで変わってくるのです。

記事の参考URL:国税庁

国内源泉所得について

国内源泉所得って国内で発生した所得のことだよね?

国内源泉所得については規定があるんだよ。

国内源泉所得についての規定は多くあります。

その中でもとても重要な国内源泉所得についての判定基準があるのでお伝えします。

恒久的施設

国内源泉所得の最重要な判定基準は、日本に恒久的施設があるかどうかです。

恒久的施設ってなに?

恒久的施設とはつまり日本にオフィスや住居、賃貸契約などがあるかどうかという事です。

税金の納税地を判定する際、この恒久的施設がどこかという事がとても重要になってきます。

チャットレディを海外在住でしている方となると、おそらく海外に住んでいて日本では特に住居などはないでしょう。

そうなるとチャットレディで海外在住の税金についての、国内源泉所得の判断は恒久的施設が海外にあるとされます。

その場合は、海外での居住者として海外納税義務が発生するという事です。

日本では納税する必要がないってことだね!

海外での納税については、国の法律に沿ってしっかり納税するようにしましょう。

国をまたいで脱税しちゃうと不安も大きくなるし、納税は
忘れないよう気をつけなくちゃね。

海外に住んで脱税問題で困るのは不安で怖いもんね。

記事の参考URL:国税庁

受取口座が日本の口座の場合

チャットレディの報酬は、日本の口座に振り込んでもらうようにしている方がほとんどでしょう。

その場合だと日本での収入になってしまうのでは、と考える方もいるかもしれませんね。

ですが日本の口座を使っているから日本で納税しなくてはいけないということはないです。

チャットレディの報酬の受取口座を日本の口座にしていても、日本での確定申告は不要なので安心ですね。

住民税について

所得税についてはわかったから安心だけど住民税はどうなるの?

住民税は、基本的にその自治体に住所がなければ支払う必要はありません。

もし住所がなくても事務所や家屋などがある場合だと、均等割だけ支払う必要がある自治体もあります。

チャットレディで海外在住の方は、日本に住所もなく事務所や家屋もない方がほとんどでしょう。

その場合は住民税は支払う必要はないです。

でも注意点もあるよ。

住民税はその年の1月1日に自治体に住所があるかどうかで決まってくるのです。

もし年の途中で海外移住した場合は1月1日の時点では自治体に住所がありますよね。

そうなると海外在住していたとしても、1年目は住民税を支払わなくてはいけなくなる可能性が高くなります。

住民税だけは海外移住する前に、自治体に支払う必要があるか確認した方が良いでしょう。

記事の参考URL:朝日税理士法人

帰国している間の報酬

海外在住の方が一時的帰国することもありますよね。

チャットレディで海外在住の税金ってなると日本で稼いだお金だと
日本で納税の必要があるって事?

そうだね。日本で稼いだお金だと国内源泉所得になるからね。

日本で稼いだ分の国内源泉所得については、日本で確定申告をしなくてはいけません。

ただ租税条約が適用される国に住んでいるのなら、日本での納税は必要ありません。

租税条約について

租税条約とは簡潔に言うと二重課税の回避のことです。

居住地国と源泉地国の両方で同時に課税されてしまうのは納税者にとっては辛いですよね。

そこで二重課税を解消するために各国間で租税条約が定められているのです。

租税条約のおかげで、一方だけで納税すればいいようになっているんだよ。

それなら安心して帰国中でもチャットレディのお仕事が出来るね。

ただ租税条約にも条件があるんだよ。

日本と外国の租税条約について、短期帰国者にはある要件を満たしている場合、納税の必要がないとなっています。

ただ租税条約の内容は国ごとに変わってきます。

その為、要件についても異なるので、住んでいる国との租税条約を確認しておきましょう。

一般的な要件はチャットレディで海外在住の方は

  • 182日以内に海外に戻る
  • 報酬が日本以外から支払われる

という2点をクリアしていれば、日本での納税は必要ないです。

報酬が日本以外からという要件があるんだね。

まず半年以内海外に戻るという方が該当します。

そしてさらに、DXLIVEのように海外から入金されるサイトで働いている方という事です。

この場合は日本での納税の義務はありません。

記事の参考URL:国際税務研究会Toma

自動車を所有している場合

日本で自動車を所有している方も中にはいますよね。

自動車税とかってストップできるの?

自動車は所有している場合、乗っていなくても自動車税や、自動車重量税は支払う必要があります。

乗ってないのに税金だけ払うなんて損した気分。

ずっと海外在住しているのなら廃車するけど帰国予定があったら
廃車も中々だよね。

将来的に帰国する予定があって完全には廃車にしたくない方もいるでしょう。

その場合は一時抹消登録という手続きがあるので利用するといいです。

一時抹消登録とは一時的に自動車の使用を中止するときの手続きです。

これなら帰ってきてもまた自動車を使用できるからいいね。

一時抹消登録の方法

一時抹消登録は使用の本拠を管轄する運輸支局で行います。

一時抹消登録はお店に依頼することもでき、その際は代行料としてお店によって違いますが費用が掛かってきます。

もし自分でやるという場合は350円手数料のみで大丈夫です。

ただお店に依頼するときの必要書類よりも、自分で行うときの必要書類は多くなるので確認しておくと良いでしょう。

こういった事が面倒なら、お店に依頼しても良いですね。

ただ少しでもお金を浮かせたい場合は自分で行うと良いです。

記事の参考URL:Kuru Town

まとめ

チャットレディで海外在住の税金は所得税は日本での納税は必要ないです。

ですが自動車関係の税金や場合によっては住民税については、支払う必要があるので注意が必要です。

今回お伝えした注意点だけ気をつければ、チャットレディで海外在住でも税金関係に安心できます。

また海外サイトの場合は日本でチャットレディをしていれば、日本で納税をしっかり行いましょう。

海外在住で日本で納税義務がなくても、海外ではもちろん納税義務はあるので、そちらだけ理解しておいてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる