チャットレディの収入はどれくらい?月収・日給・年収別に紹介!

容姿や年齢・学歴不問、空いた時間に働けることから人気が高いチャットレディ。

チャットレディのお仕事に興味を持っている方の中には、「収入はどれくらいになるんだろう」と疑問に思う方もいるでしょう。

確かに、チャットレディの収入って実際どれくらいなのか気になりますよね。

そこで今回は、チャットレディの収入を、月収・日給・年収でご紹介していきます。

また、アダルト・ノンアダルで報酬が変わる点や、税金面など気になる情報もまとめていきます。

目次

チャットレディの収入は完全出来高制

まず大前提として覚えておきたいのが、チャットレディは、会社からお給料を貰う形ではなく、個人事業主として報酬を貰っているという扱いになっている点です。

そのため、男性と喋った時間や人数によって報酬が変動する、完全出来高制となっています。

チャットレディは、1分あたりの単価(分給)が決められており、話す時間が長ければ長いほど分給もアップ。

例えば、1分あたり70円で男性一人と1時間喋った場合、70円×60分で時給は4,200円という計算になります。

完全出来高制のため、月によっては収入がアップしたり、逆に下がったりする場合もあります。

安定して収入を得たい場合は、チャットに来てくれた人に一人一人お礼メールを送る・決まった時間にログインするなど地道な努力が必要です。

お客さんの入りが悪い場合、サイト自体が自分に合っていない可能性も。

稼げるライブチャットサイトはたくさんありますので、そこに登録してお仕事を開始するのもアリです。

チャットレディの収入はアダルト・ノンアダルトで異なる

チャットレディには、アダルトとノンアダルトの2種類のお仕事があります。

お仕事の内容はもちろん、収入も異なるのが特徴です。

ここでは、アダルト・ノンアダルトの収入の違いや特徴についてご紹介していきます。

アダルトの場合

アダルトは、男性の一人エッチをお手伝いするお仕事

服を脱いで半裸になって男性を喜ばせたり、言葉責めをして男性を興奮させるなどのアダルト行為がメインです。

アダルトチャットレディの中には、もっとたくさんの男性を獲得するべく、大人のおもちゃを使ったパフォーマンスを行う人もいます。

エッチなことをするのか…。ちょっと恥ずかしいかも…。

その代わり、ノンアダルトより1分あたりの単価は高いわよ。

アダルトの場合、サイトにもよりますが報酬単価は1分100円~120円前後です。

時給に換算すれば、6,000円~7,200円稼げる計算になります。

時給6,000円以上!短時間ですごい稼げるね!

ただ、先ほどもご紹介した通り、報酬単価はサイトによって異なります。

そのため、複数サイトの1分あたりの単価をチェックしておくのがオススメです。

ノンアダルトの場合

ノンアダルトは、基本的におしゃべりメインのお仕事。

男性と趣味や好きなことを話し合うので、アダルトよりも肉体的な負担が少ないのが特徴です。

これだけ聞くと「私でもできそう」と思うかもしれません。

ただノンアダルトは、アダルト行為がない代わりに、会話能力が重要になります。

会話が長続きしなければ分給も伸びないので、男性を飽きさせないトークスキルのある方に向いていると言えるでしょう。

ノンアダルトの場合、報酬単価は1分30円~70円前後です。

時給に換算すると、1,800円~4,200円ほどになります。

アダルトと比べると、時給は低めになるね。

そうね。でもアダルトと比べて肉体的な負担が少ないから、始めたての頃に利用するのもアリね。

チャットレディの収入は、どちらかのジャンルで働くかで収入が左右されるのが特徴です。

働く前にしっかりと特徴を押さえておきましょう。

チャットレディの収入はいくら?

それでは、気になるチャットレディの収入について見ていきましょう。

月収・日給・年収別にまとめましたので、収入が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

月収

まずは、平均月収から。

週2日6時間と仮定すると次のようになりました。

ノンアダルトチャットレディの場合は、月20万前後

アダルトの場合は、月35万前後となっています。

少ない勤務時間でも、正社員並みの月収になるんだね!」

チャットレディは、一般のお仕事と比べて報酬が高いため、少ない時間でも高収入を稼ぐことは可能です。

日給

続いては、日給について見ていきましょう。

ノンアダルトの場合は、平均時給が1,800円~4,200円ほどなので、6時間勤務するとなると日給で10,800円~25,200円となります。

アダルトの場合は、平均時給が6,000円~7,200円ほどなので、日給であれば36,000円~43,200円です

コンスタントに営業を続けてリピーターを確保し、勤務時間も長めにすれば、日給を高くすることも可能です。

ただし、お客さんの入りが悪い日もありますので、上記の日給はあくまで目安として捉えておきましょう。

年収

では、年収はどれくらいなのでしょうか。

先ほどご紹介した、月収を元に年収を計算していきます。

ノンアダルトの場合は、年収は約240万円前後。

アダルトの場合は、年収は約420万円前後となります。

ただし、勤務時間・日数、報酬単価、お客さんの入りによって収入は変動していくので、注意してください。

チャットレディで収入を得たら確定申告は忘れずに

チャットレディは、コツを掴めば高収入を得られます。

じゃあ、稼いだお金は全部私のものになるってこと?やったー!

待って待って。チャットレディで報酬を得ても、税金はきちんと払わなきゃいけないのよ?

そう、チャットレディで収入を得たら、必ず確定申告をして納税しなければいけないのです。

確定申告とは、自分で経費や総収入の計算を行い、申告書に記載して税務署に提出するやり方のこと。

申告書に記載された所得(総収入から経費を引いたもの)によって、税金がどれくらいになるか決められます。

チャットレディは個人事業主扱いになるため、自分で手続きをしなければいけません。

えー!そんな難しいことできないよ!

大丈夫。確定申告時にやるべきことを明確にしておけば、スムーズに手続きができるわよ。

チャットレディの確定申告でやるべきことは、次の通りです。

  • 1年間で稼いだ総収入を計算する
  • チャットレディのお仕事で使った経費を計算する
  • 総収入から経費を引いて、所得を出す
  • 確定申告書など必要書類を手に入れる(国税庁の公式サイトからダウンロード可)

たったこれだけです。

経費に関しては、チャットレディの場合以下のものが当てはまります。

  • パソコン代、イヤホンマイク代
  • Webカメラ
  • ネット回線代(一部)
  • スマホ代(一部)
  • 大人のおもちゃ
  • メイク道具
  • お仕事用の衣装
  • (通勤の場合)事務所への交通費

など…。

上にあげたものはもちろん、その他にも使える経費はあるかもしれません。

もし「どれが経費に当てはまるか分からない…」という場合は、税理士に相談をしてみるのもアリです。

経費が多ければ、その分所得も低くなり、納める税金も安くなります。

ただし、税金を安くしたいからと言って仕事に関係のない経費を入れるのはNGよ!

経費に使えるレシートや領収書は、あらかじめ分けておきましょう。

あとは、所得を出して申告書に記入するだけ。

手書きで行うのもアリですが、より簡単に行うなら国税庁が提供している「確定申告書等作成コーナー」で作成してみるのもいいでしょう。

これは、ネット上で確定申告書が作れる便利なサイトです。

案内に従って金額を入力していけば、すぐに申告書が作れます。

確定申告書等作成コーナーで作成した申告書は、郵送かネット上で提出できます。

お好きな方法で、申告書を提出しましょう。

まとめ

今回は、チャットレディの収入についてご紹介していきました。

チャットレディは一般のバイトよりも報酬が高く、少ない勤務時間でも頑張れば高収入を得られます。

他にも、アダルト・ノンアダルトでの報酬の違いや税金など気になる情報もご紹介していきました。

チャットレディの収入がどんなものか気になる方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる