チャットレディの経費で認められるのは?経費について徹底解説!

チャットレディは個人事業主なので、自分で確定申告をしなくちゃいけません。

そのときに悩んでしまうのが経費計上できるもの。

経費にならないものまで経費にしてしまい、指摘されたらと思うと不安ですよね。

今回はチャットレディの経費として、認められてるものについて解説していきますので是非参考にしてみてください。

目次

そもそも経費とは

今までアルバイトしかしたことないし経費って何のことか
よくわかんないよ。

経費とは収入を得るためにかける必要な費用のことです。

所得税は所得額によって金額が決まってきます。

そして所得額は、チャットレディの報酬から経費を引いた金額となっています。

もちろん所得税は多く払いたくないですよね。

その際、収入が多いとしても、その分経費も多ければ所得が少なくなります。

所得が少なくなると支払う税金が下がったり、確定申告をしなくていい場合もあります。

ですが収入に対しあまりにも経費が多すぎると、税務署から突っ込まれる可能性も出てきます。

ただ経費には明確な基準は決まっていません。

ですがある程度の、常識の範囲内ということであれば、経費計上して認められます。

例えばチャットレディをするためには、なんといってもインターネット回線が必要ですよね。

なので通信費は、経費としてもちろん計上することが出来ます。

それ以外でかかるお金ってあるのかな?

チャットレディは他にも沢山経費で落とせるものがあるんだよ。

チャットレディの経費

チャットレディの経費は先ほどお伝えした通信費の他にも色々とあります。

もし在宅でチャットレディをしているのなら家賃水道光熱費も入ります。

そしてチャットレディをする際にパソコンを購入した場合は、もちろんパソコン代も入ります。

壊れて買い直すときも経費で落とせるね。

もちろんウェブカメラ照明マイクなどパソコン周りの、チャット中に使用する機器に関しても経費です。

パソコンデスク椅子も経費で落とせるよ。

そしてチャットレディでは見た目も大切です。

なので美容系に関する費用なども経費となるのです。

つまり洋服水着浴衣コスプレ衣装などの衣装代ですね。

また美容院代エステ代ネイル代化粧品代、カラコンを使っている方はコンタクト代も経費として計上できます。

チャット中にカメラに写り込むもので、ソファークッションなどを購入した際も経費になります。

こんなに経費になるものってあるんだね。

他にもチャットレディ同士の飲食代お茶代接待交際費として
認められるよ。

さらに通勤チャットレディの場合は通勤の交通費も経費となります。

電車とかバスとかはタクシーと違って、領収書出せないけど
そういう場合はどうなるの?

電車やバスの場合は出金伝票を作成することで証明として使えます。

また最近だとICカードを使っている方がほとんどですよね。

その場合は券売機で履歴印字を出せるので出して保管しておきましょう。

このように、チャットレディで経費として認められるものは意外ととても多いのです。

捨ててしまっていた領収書も実は経費になるなんてこともあります。

その為、領収書はしっかり大切に保管しておきましょう。

通信費について

通信費は、インターネット代スマホ代が経費として計上出来ます。

ただこれらはプライベートでも使うことになりますよね。

そして在宅でチャットレディをするほとんどの方は、特にお仕事用と分けるなんてことはしていないでしょう。

プライベートでも使っている場合は、全額は計上が出来ません。

なのでお仕事で使っている分の割合で経費計上する必要があります。

じゃあどうやって経費分を出せばいいの?

これはだいたい30~50%で計上すると良いかもしれません。

半分くらいは使っているという方の場合は50%で計上すると良いですね。

家賃、水道光熱費について

こちらも通信費と同じように、お仕事とプライベートで利用していることになりますよね。

家賃、水道光熱費の場合、大体30%くらいの割合で経費計上すると良いでしょう。

ただあくまで30%というのは目安なので自分の状況によって計算すると良いですね。

パソコン代について

パソコンによって金額は様々ですよね。

どうせ買うならハイスペックのいいパソコンがいいなー。

いいパソコンになればなるほど金額もあがってくるよね。

パソコン代を経費に計上する際、10万円以上か10万円未満かで、経費のカテゴリが変わってきます。

10万円未満のパソコン

もし10万円未満のパソコンを購入した場合は、経費のカテゴリは消耗品費として、そのまま経費として計上できます。

10万円以上のパソコン

もし10万円以上のパソコンを購入した場合は、固定資産となります。

その為、数年間に分けて経費に計上することになります。

パソコンの場合4年耐用年数となっています。

そうなるとパソコンの経費のカテゴリは減価償却費として、4回に分けて経費計上することになるのです。

減価償却費とは、固定資産を耐用年数に分割し、数年かけて経費計上することを言います。

領収書はとても大切

領収書があればチャットレディの経費という事を、証明することが出来ます。

現在では領収書の保管期間7年間と定められています。

領収書は7年間は捨てずにしっかりとっておかなくてはなりません。

領収書は大事に保管しておかないといけないんだね。

ただ領収書をもらい忘れることもあるよね。

確かに今まで領収書くださいなんて言ったことないから、慣れるまでは
忘れちゃうこともありそう。

そんな時でも領収書の代わりになるものもあるから大丈夫だよ。

領収書の代わりとして使えるものをご紹介いたします。

レシート

レシートも領収書の代わりとして使えます。

レシートなら絶対もらうから大丈夫だね!

でもレシートだとすぐに捨てちゃう人もいるから
気をつけなくちゃだよ。

レシート不要の方用に箱が置いてあるところも多いもんね。

ただレシートよりもやはり領収書が一番です。

忘れてしまった場合はレシートで構いません。

ですがなるべく忘れないように領収書をもらう癖をつけておきましょう。

そして、もし一枚のレシートにプライベート用と仕事用のものの記載があるとします。

その場合は経費になる部分にだけマーカーなどでわかるようにしておくといいですね。

クレジットカード明細

クレジットカードで支払いした場合もあるでしょう。

そのときも、もちろんしっかり領収書を発行してもらうのが一番です。

ですが忘れてしまった場合は、クレジットカード明細が代わりとして使えます。

クレジットカード明細では何に使ったかが出ますよね。

それを経費として証明することが出来ます。

クレジット決済が多いネットショッピングでも、領収書をもらう事は
なるべく忘れないようにね。

通帳明細

通帳明細も証明として使えるの?!

家賃、水道光熱費など、口座引き落としにしている方は多いですよね。

その場合は、通帳明細を証明として利用することが出来ます。

出金伝票

先ほど通勤チャットレディの電車やバスの場合でお伝えした出金伝票。

こちらは自分で記入するものです。

例えば

1月1日 バス代として 150円

のように記入しておきます。

必ず記入が必要な内容は支払った日付支払先支払った金額内容となっています。

ただ自分で手書きという事でレシート、クレジットカード明細、通帳明細に比べ信頼性が低いです。

なので極力使わないほうが良いですね。

領収書の保管方法

領収書を集めていると結構な量になってきますよね。

それをどこかに全部一緒にまとめて保管しておくと、確定申告の際、自分が大変な思いをします。

しっかり綺麗に保管し、確定申告の時期になったとき、すぐに終わらすことが出来るようにしておくと良いですね。

保管する際は次の方法で保管しておくことをオススメします。

封筒

封筒にまとめておくことで綺麗に保管することが出来ます。

まとめ方は月別にまとめたり、使った項目別にまとめたり自分のやりやすい方法で分別しましょう。

封筒は大き目の封筒を用意しておくと良いですね。

どんどん溜まると結構分厚くもなってきます。

小さい封筒だと、新しい領収書を入れる際に、落として全部出てしまうこともあり得ますよね。

領収書が多くなってしまったときも大き目の封筒なら安心です。

ファイル

ファイリングしておくのも良いでしょう。

今は領収書用のファイルが売られています。

そういったものに入れると入れやすく使いやすいですね。

もし専用のファイルでなくとも、クリアファイルに月ごとなどでまとめても良いですよ。

ファイルにも、何で分けているのかを、わかるように書いておけば使いやすいです。

ノート

ノートに領収書を張り付けていくのも良いですね。

ノートなら沢山余っているという方だと、すぐに準備も出来ますよね。

貼り付けることで領収書が落ちてしまう心配がないのも良いです。

ただ封筒やファイルに入れるのに対し、ノートに張り付けるのは少し手間がかかります。

こういった作業が好きな方なら良いですね。

ですがマメにできない方だと結局、領収書を溜めてしまうことになるかもしれません。

もしノートに小まめに貼っていく方は、はがれてしまわないようしっかり貼っておきましょう。

こういった方法なら綺麗に保管できそう!

自分が一番やりやすい方法を選んで、綺麗に保管しておこうね。

領収書は今は7年間保管しなくちゃいけないから続けられる方法
じゃないとだからね。

経費の注意点

チャットレディの経費計上を出来るものはとても沢山あります。

ですが何でもかんでも経費計上してしまってはいけません。

経費にならないものまで入れてしまうと脱税行為とみなされます。

その場合、罰則が科せられてしまう可能性が出てくるのです。

経費でも脱税行為につながることがあるんだね。

例えば、飲食代でも仕事仲間との飲食は経費計上になります。

ですが一人での食事は、もちろん経費にはならないですよね。

何が経費で計上できるかは、だんだん慣れてきてわかってくると思います。

ただ慣れていないうちは、頭がこんがらがってしまうかもしれません。

もし悩む場合は、家賃等のように全額を経費計上しないようにすると良いかもしれません。

経費として計上できるか微妙な時は、一部だけをという事で少しの割合を経費に計上すると良いです。

そうすれば認められる可能性もあります。

それでも経費計上できるのか不安な時は、税務署に問い合わせてみて確認するのが一番良いですね。

後で税務署から突っ込まれるくらいなら確認した方が安心かも。

聞いたりしていくうちに、チャットレディの経費について知識も
付いてくるだろうしね。

ただ経費として計上出来るんかという事は税理士、税務官の判断で決められます。

基準がないのでとても曖昧ですよね。

自分でしっかり、なぜチャットレディの経費になるのかを考えて、説明できるようにしておくと良いです。

まとめ

チャットレディの経費に計上できるものは色々あります。

その中で全額計上したりなんでもかんでも計上してはいけません。

税務署から指摘されることのないよう不安な時は税務署に直接問い合わせてみてくださいね。

しっかりチャットレディの経費についての知識をつけ、脱税してしまうことのないよう気を付けてください。

また領収書の保管をしっかりし、確定申告も簡単にできるようにしておくと一石二鳥ですよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる